top of page

「カラダから補うマグネシウム」

更新日:2023年5月21日



近年、欧米で研究が盛んになり、一般的に普及しているのが経皮マグネシウム吸収です。


「マグネシウムの経皮投与は、経口摂取よりも優れており、利用率や速度の上で静脈投与と同程度の効果が期待できる」と言われています。また、標的組織に直接マグネシウムを到達させることができます。

出典1:https://www.magnesium-database.jp/transdermal-magnesium-2/

出典2:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21523512/


バスソルト(Epsom塩)入浴による血中マグネシウム値の改善

イギリス・バーミンガム大学の研究では、24〜64歳19人の健康な人がEpsom塩を混ぜた12分間入浴を毎日行ったところ、血中マグネシウム濃度が上昇した。

出典先:https://www.mgwater.com/transdermal.shtml 


カラダにとても大切だけど、なかなか食品だけでは補うことが難しいマグネシウムを経皮から補うと実践し、自身の子供たちとともにその効果を実感してきました。

「瀬戸内海で作られた国産マグネシウム(エプソムソルト)」

「エプソムソルト」は15~16世紀にイギリスのエプソムという場所で発見され、白く塩の結晶のように見えることから、その名がつき、古くから使われきました。ソルトといっても塩ではなく、別名硫酸マグネシウムという海水に多く含まれているミネラル成分です。塩分は全く含まれていない、純粋な結晶のことです。海外では昔から入浴剤として取り入れられてきました。


自身と肌が敏感な娘たちと約2年間の開発と実践を重ね、生産量が限られたこの貴重な久高島の天然海塩と、瀬戸内海で生産されたエプソムソルトで究極のマグネシウム入浴剤をつくりたい。

「ぜひこの素晴らしい自然の恵みをみなさんにも体験していただきたい。」そして、

「世界にこの入浴剤と、日本文化を届け、循環していける世界をつくりたい。」

その想いからこのプロジェクトを立ち上げることにいたしました。


Earth & Co.(アースアンドコー) マグネシウムバスソルト umi

「自分をケアすることで海にも感謝をおくる。」をコンセプトに、

沖縄県産の天然塩と国産マグネシウム(エプソムソルト)を配合した究極のマグネシウム入浴剤を日本から世界中に販売していくのが私たちの願いです。




閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page